チンコをデカくするサプリの成分とお酒の関係

勃起力をあげる ペニス増大サプリメント チントレ

 

こんにちわ、村上です。私は姉妹サイトで男性更年期障害で効果があるサプリメントを紹介しているのですが、性機能の減退の方であれば、まずバイアグラ等を思い浮かぶ方が多いです。

 

 

ですので、お酒との組み合わせの不安がある方が多いのですが、ペニス増大サプリメントに対してもお酒との組み合わせなどはあるのでしょうか?そういった部分について書いていきたいと思います。

 

【姉妹サイト】
『精力剤|男性更年期障害対策にお勧めのサプリメント』

 

 

実は、別のページでも、多成分配合総合型ペニス増大サプリメントに含まれている有効成分の中で、お酒との相性が悪いモノはあるのかという所は書いたことがあります。

 

 

そのページではお酒との飲み合わせは、ペニス増大サプリは問題ないという事を書きました。とは言え、飲み合わせという不具合がないにしても、お酒を飲み合わせると、大丈夫だけど普通に考えて作用は落ちるという部分も説明しました。

 

>>ペニス増大サプリの有効成分とアルコールの飲み合わせについて

 

ペニス増大サプリメントに含まれている成分は、バイアグラ等のケミカル要素が無いので、飲み合わせで副作用が出るというのは考えられませんが、せっかくチントレやペニス増大サプリメントを飲んでいるのに、アルコールのせいで成分の効果が薄れるというのは極力避けたい所ですよね。

 

 

このダメという理由は、ペニス増大サプリメントでのペニス増大だけに限らず、アルコールを飲むことでどうしても気持ちが緩んでしまうという点が大きいです。

 

チントレはペニス増大には必須です

 

チントレというのは地味な作業です。私も40代の頃にペニス増大を試みて、チンコの大きさ増大に取り組んだのですが、『ペニス増大サプリメントでしっかりと栄養を摂る』&『サプリで増えたホルモンや血流をチンコに使うチントレ』をするをしっかりとすることで成功することが出来ました。

 

 

チントレをすれば絶対にチンコのデカさや太さは変化があるのです。また、チンコの大きさを決める男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンは、身体中で引っ張りだこの人気成分です。

 

 

なにせ、第二次性徴期を堺にドンドンと減っていくわけですし、日常生活のストレス等で常に男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンは減っていっているからです。

 

 

『チンコをデカくする以外に使わないと!チンコどころじゃない!!』というのが身体のココロの叫びです(笑)

 

 

ですので、いくら当サイトで勧めている『多成分配合総合型ペニス増大サプリメント』を飲んでペニス増大に挑戦しても、それだけではチンコは更にデカく太くならないのです。

 

>>優秀なペニス増大サプリメントだけ飲んでもチンコが大きくならない理由

 

そのくらい大事なチントレですので、お酒を常に飲んでいる状態であれば、チントレを怠けるのは避けたいんです。だから、お酒は出来るだけチントレの為にはやらない方がいいというのが私の持論でもあります。

 

 

また、私は50代の中頃ですので、お酒を飲むと『チンコの勃ち』が断然下がります(笑)ですので、せっかくペニス増大サプリメントで大きく出来、精力剤で楽しむことが出来るのにお酒は全てを潰してしまう為に、極力控えています。

 

 

確かにペニス増大サプリは、飲むだけでも多少の効果は見込めます。それは、『多成分配合総合型ペニス増大サプリメント』にはペニス増大の為に必須の男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを沢山分泌する為の成分が入っているからです。。

 

でも、

 

>>優秀なペニス増大サプリメントだけ飲んでもチンコが大きくならない理由

 

にも書いている様に ペニス増大サプリメントだけ飲んでも、ホルモンを使う所は沢山ある30代以降の男性には効果が期待できないのです。

 

 

使う所は、体毛かもしれませんし筋肉、または骨格かもしれないんです。人間の体は一定の周期を持って、細胞の入れ替えが行われますが、性ホルモン、または成長ホルモンをもって、強化されています。

 

 

細胞の入れ替わり、増強はゆっくり常にされているものですから、サプリで栄養は取り続けなくてはなりませんが、常に成長させる場所を身体に分からせてあげていないとダメです。

 

ペニス増大サプリメントを飲んでスグ諦める人、効果なんて期待出来ないと言う男性の多くは、細胞の入れ替わりという部分をあまり気にしていませんが、人間は肌や細胞のターンオーバーがあるので、即効性というのは無いのです。

 

肌のターンオーバーについて

 

人間の細胞は、約28日を周期として入れ替わっている。コレを肌のターンオーバーといいいます。また、加齢とともにターンオーバーは落ち、40代では40日以上かかると言われています。


ペニス増大に取り組んですぐに効果が出ないのは、この細胞の仕組みの影響です。効果がある事(サプリやチントレ)をしていても、数カ月は細胞の入れ替わりが起こらないのでテンションが下がり、これが結果を出せない人の要因です。

 

ペニス増大サプリメントには種類があり、その中でも『チンコをデカくする』為に必要な成分として、L-シトルリン等を知っている男性が多いと思います。

 

 

そのシトルリンは尿素回路にかかわり、下半身の血行を促進します。ですから、多少有利になると考えられます。とは言っても、身体に『チンコをデカくさせよう』と思わせるには、多少の血行促進のみでは役不足です。

 

>>チントレマニュアル|木村式ペニス増大法は無料動画と全く違います

 

チントレを続けることが出来ればお酒での『組み合わせ不利』などはありません

 

ペニス増大サプリメントを飲んで全く効果がないという男性が結構いますが、それはチントレをしていない男性だと思います。チントレはもちろん、スクワットさえもしていない、つまりメタボ系の男性が圧倒的に多いと思います。

 

 

お酒を毎日飲んでいても、チンコをデカくする事に成功する人は普通にいます。私は飲みませんが、普通にペニス増大サプリメントで知り合った方のオフ会(あるんですww)では、私以外の男性は飲んでいます。

 

 

お酒を毎日晩酌程度に飲んで、きちんと勃起トレーニングは行うならば、何の問題もありません。お酒のせいで成分が死んでしまったり、成分の有効成分がゼロになるという心配はありません。

 

 

例外として、大量に毎日お酒を飲んだら、脳の機能に抑制的に作用するため、チンコの勃起自体が上手く出来ないという事は男性であれば誰でも一度や二度、若気の至りで経験しているでしょう。

 

 

そのような状態だと、チントレ自体も出来ませんし、そもそもパートナーとのセックスも満足にできないんで、ペニス増大サプリを飲んでいる意味はほとんどなくなります。

 

サプリメントはあくまでも健康食品であり、ケミカルではない

 

バイアグラを始めとするED(朝立ちしない、中折れ等の勃起障害)治療薬ですが、食事を摂るだけでも十分に作用しなくなります。それはバイアグラの有効成分の『シルデナフィル」』が食事の脂肪分に影響を受けて吸収されないからです。

 

 

ですがED治療薬とは違い、ペニス増大サプリメントというのは『健康食品』でケミカルではありません。男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンを増やす栄養分を飲むというのが目的なのです。

 

 

サプリは栄養素なので『効果がある』『効果がない』という概念自体がありません。そこをよく認識する必要があります。

 

 

そのペニス増大サプリメントで得ることが出来た栄養素を『ペニス増大の為に使う』というのがメインですし、逆に言えば、使わせるためのチントレが必須であり、お酒を飲むとやる気がでないとか、そういったマインド要素が重なって『チントレ自体を面倒でしなくなる』というのが問題という事です。

 

 

しっかりと自分を節制できるのであれば、アルコール摂取などは全く問題はありません。

 

:

ペニス増大サプリメント 口コミ


関連ページ

チンコ大きくなる仕組み|海綿体の特性
チンコがデカくなるためには、海綿体の基本を知り、そして栄養を与える重要性、チントレをする重要性を知るのも大事です。
チンコをデカくしたいけど、増大サプリは40代でも効果はあるのか?
30代、40代からチンコは大きくならない、、と思っている方も多いと思います。私もそうでした。でも、そんな事はありません。その根拠について。
成長期を過ぎてもペニス増大サプリメントでチンコがでかくなる理由
40代はチンコがデカくならないとか、若い時でなければチンコはデカくならないと言う様な言われ方をされていますが、成長期を過ぎてもチンコはデカくなります
40代からチンコをデカくする事は出来るのか?
40代の男性でもチンコをデカくする事は可能なのでしょうか?私自身はペニス増大サプリメントを使って40代でチンコをデカくしました。
第2次性徴期にチンコのデカさや亀頭の大きさは決まるのか?
人間は第2次性徴期でチンコの差が決まりますが、亀頭の大きさなども遺伝的な部分が多いのでしょうか?