プロテインや栄養ドリンクではチンコはデカくなることは出来ない

こんにちは村上です。

 

 

チンコをデカくしたいけど、ペニス増大サプリメントは値段が高いから…というような男性がいまだに多いようですね。

 

 

確かにペニス増大サプリメントを購入しようとすれば、だいたい1ヶ月8000円〜1万5000円くらいの金額がかかってきます。しかし基本的に人間の体は3ヶ月〜半年くらいの細胞の入れ替わりがある為、1ヶ月や2ヶ月くらいではチンコの形は絶対に変わりません。

 

 

それはペニス増大サプリメントを売っている会社がわかっている為、基本的にペニス増大サプリメントは単月購入よりも、定期購入の方が値段が安くなっています。

 

 

その様な感じで、しっかりと長期目線でペニス増大を取り組んでいけば、一日数百円の出費で済むという事を理解出来るのですが、どうしても値段だけを見てペニス増大サプリメントは高い…と思っている男性が多いのです。

 

 

ペニス増大サプリメントが高い理由はあるのですが、ここではその代用品としてプロテインや栄養ドリンクでチンコをデカくする事が出来るのか?について考えてみたいと思います。

 

プロテインとは何か?

 

プロテインというのは健康食品や何かを変化させる特定の成分ではなく、単純に英語でタンパク質の事を指します。

 

 

筋肉を破壊して、筋肉をデカくする筋トレには絶対に必要なプロテインですが、それは筋肉を育てるにはタンパク質が必要だからです。たんぱく質を作っているのはアミノ酸ですので、生命の根本的な部分を言えば、アミノ酸から出来ているといえるのです。

 

 

プロテインというのは単純に言えば、例えば鶏むね肉とか、ステーキとかそのくらいの感じでとらえてもらえばいいです。チンコにデカくなる為の成分だったり、血流が上がるような成分が入っていると言うような事ではありません。

 

 

私が勧めている多成分配合総合型ペニス増大サプリメントは、タンパク質をさらに小さくしたもの、つまりアミノ酸単位でチンコがデカくなる為の成分配合されているモノです。

 

 

チンコがデカくなる為の成分配合というのは、

 

  • チンコの大きさに直接関わる男性ホルモン(テストステロン)と成長ホルモンの分泌を高める成分
  • 血流を高め、勃起力を上げる為の成分
  • 海綿体組織を大きくする為の成分

 

このようなものをいいます。一般的にペニス増大サプリメントで有名な成分というのは、アルギニンや、シトルリン.『トンカットアリ』等です。

 

 

そしてペニス増大サプリメントというのは、チンコをデカくする為にこのような成分、アミノ酸をしっかりと配合して、割合を決めている為、チンコを大きくする為に効果があるのです。

 

 

逆に言えば、このようなアミノ酸を配合している部分としては精力剤サプリメントがありますが、精力剤サプリメントの場合は、もちろん似たようなアミノ酸の成分が配合されていますが精力を上げる為、勃起力を上げる為に特化したアミノ酸の配合成分と言うわけです。

 

 

つまりアミノ酸の集合体の事をタンパク質と言いますので、ペニス増大サプリメントというのは、プロテインと違い、アミノ酸自身のそれぞれの効果の単位の為に落とし込み、チンコを大きくする為に配合しているわけです。

 

 

ですので、幾らプロテインを飲んだとしても、チンコの大きさには全く関係はないと言うことを知っておきましょう。

 

ペニス増大サプリメント 口コミ

 

栄養ドリンクについて

 

たまにドラックストアなどでも精力剤やペニス増大に効果がありそうな栄養ドリンクが販売されていますが、結論から言えばあれも全く効果がないです。

 

 

逆に言えば、糖分などが入っている為、飲み続けていると体にも不具合が出ますのでチンコをデカくする為においては全く意味がありませんのでやめといてください。

 

 

栄養ドリンクというのは、あくまでも疲労回復や滋養強壮が目的です。

 

 

といっても、疲労回復や滋養強壮というのは中年男性なのであれば、体内のテストステロンと成長ホルモンを増やしたければかなり良い方向に向かいますので、栄養ドリンクよりも、ペニス増大サプリメント、特に多成分配合総合型ペニス増大サプリメントを飲むことで改善出来ます。

 

ペニス増大サプリメントが高い理由は多成分だけではなくチンコをデカくする為に特化したアミノ酸の配合率

 

ペニス増大サプリメントが金額が高い理由としては、多成分という部分ももちろんありますが、それ以上にチンコをデカくする為にアミノ酸を配合している絶妙な配合率という部分があります。

 

 

ずっと長年売れ続けているペニス増大サプリメントというのは、その様な部分がしっかりと企業で研究されており、どのアミノ酸を、どのくらいの配合率で配合すれば、チンコをデカくする為に効果的なのか?という事を考えている為、チンコをデカくする為に特化しているといえます。

 

 

チンコをデカくする為に必要なGHリリーザーという成分も、一緒に沢山同時に取ればそれぞれが相乗効果として発揮してくれます。

 

 

さらに必須アミノ酸やアミノ酸というのは、どれか欠けてもダメですし、どれかが多すぎてもダメだし、非常に難しいバランスで配合する必要があるのです。

 

 

ですので、単純にタンパク質の集まりのプロテインを飲んだり、栄養ドリンクを飲んだりするのは、チンコをデカくする為には全く無意味と言う事を覚えておきましょう。

 

 

ペニス増大を試みるのであれば、多成分配合総合型ペニス増大サプリメントとチントレの長期目線で取り組むのが一番です。

 

ペニス増大サプリメント 口コミ

関連ページ

チンコを大きくする為の増大サプリメントの選び方
チンコを大きくする為に増大サプリメントを飲む。この時の選び方について。何処を基準に選ぶのか。
優秀なペニス増大サプリメントだけ飲んでもチンコが大きくならない理由
チンコはを大きくしたい方は、この理由を知っておくべきです。なぜペニス増大サプリメントだけでは大きくならない、もしくは非効率なのかという部分を書いています。
ペニス増大サプリ『多成分配合総合型』『有効成分濃度凝縮型』『単成分依存型』について
ペニス増大サプリメントの種類は大きく分けて3種類です。その3種類の基本の見分け方について。
【基本】サプリ選び、5つのポイント
当サイトでのサプリメントの選び方について説明しています。当サイトの基準を知ってほしいと思います。
ペニス増大サプリを『効果がない!詐欺だ!』と言ってる人の3つ特徴
ペニス増大サプリを効果がないと言っている人って結構な割合でいますが、鵜呑みにするのはあまり賢くない選択なのかもしれません。
チンコを大きくしたい!器具は意味があるのか?
チンコを大きくする為には器具が必要なのか?牽引器具を使った経験があるので、、
【ココをチェック】ペニス増大サプリの『良い口コミ』と『悪い口コミ』
ペニス増大サプリメントの口コミ、良い口コミ、悪い口コミがありますが、どういった所をチェックしていけばいいでしょうか?情報に踊らされない事が大事です。
ペニス増大サプリを飲むタイミング|いつ飲むのが一番効果があるのか?
ペニス増大サプリを服用するにあたり、飲むタイミングというのが気になると思います。飲むタイミングはいつがいいのでしょうか?
ペニス増大サプリの副作用はある?|服用して身体に悪い事はあるのか?
ペニス増大サプリを飲んでいく際に、副作用というのはあるのでしょうか?当サイトで勧めているモノ以外は知りませんが、当サイトで紹介しているペニス増大サプリメントの副作用について。
ペニス増大サプリメントを購入する際、家族に知られたくない人の対処法
家族に知られたくない人が普通でしょう(笑)郵便局止などを行って対処していきましょう。
ペニス増大サプリメントは飲み比べる方が効果的?同じ種類を飲むか、違うのを飲むか?
ペニス増大サプリメントは飲み比べる方が効果的なのでしょうか?同じ種類を飲むか、違うのを飲むか?ドチラがいいのでしょう。
ペニス増大サプリの有効成分とアルコールの飲み合わせについて
ペニス増大サプリメントとアルコールの飲み合わせについてですが、有効成分とアルコールの相性ってどうなのでしょうか?
2017年のペニス増大サプリメントの変化について|ペニス増大サプリの選び方
ペニス増大サプリメントの選び方についてなる2017年からペニス増大サプリメントを取り組むような方であれば、どのような基準で選べばいいのでしょうか?
ペニス増大サプリメントは高いのか?ペニス増大サプリメントは高くありません。
ペニス増大サプリメントを購入して、チンコを大きくしたいと思っている男性が一番のネック部分は金額だと思います。
ペニス増大サプリメントの成分|シトルリンとアルギニンについて
ペニス増大サプリメントの成分と言えば、シトルリンとアルギニンを思い浮かべる人は多いと思います。
ペニス増大サプリメント以外のすべてのサプリメントに共通するアミノ酸とタンパク質の関係性
ペニス増大サプリメントに限らず、男性の方は加齢になれば精力剤ととつき合いもあります。アミノ酸とタンパク質の関係性について覚えておくといいです。
ペニス増大サプリメントは一番安全なチンコをデカくする方法
ペニス増大サプリメントとチントレを組み合わせて自宅でチンコをデカくする事は、一番経済的で、なおかつ安全なペニス増大方法です。
年齢に関係なくなぜチンコがデカくなるのか?
年齢に関係なく、なぜチンコはデカくなるのでしょうか?それにはしっかりとした理屈があります。